読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめなく綴る

ジャンルを行き来するオタクの妄言。たまにまじめなこと

鈍感を他人に押し付けるということ

本日(1月26日)はなんだかTwitter腐女子界隈が荒れていますね。某松さんとかリバvs固定とか。

とくに後者の話、BL(だけに限った話ではないですけど)のリバvs固定の話についてなんとなくエントリにまとめます。

発端のツイートは消えてしまったようなのでわたしの断片的な記憶で話すことになって申し訳ないのですが、なんか「左右なんて気にしなくてもその二人であれば云々」みたいな内容だった気がします。個人的意見としては大体賛成ですが、それはわたしがリバ寄りだからです。(トートロジーぽいなこれ)

もちろん固定派の人にとってはこれは許されざる所業なわけですね。この溝は海よりも深く壁は山よりも高い。pixivとかで女性向け男性向けの住み分けがーとか言われてますが、腐女子内でもこのような住み分けはなされています。Twitterのbioに地雷カプを書いたりしてますね。

でもこれはもう個人の嗜好というか、もっと言うと信仰に近いというか、他人にとやかく言われてどうなるものでもないんですよね。わたしも他人からこれ以降ずっと固定にしろとか言われたらキレる。


話が飛びますが、年末あたりにONE PIECEのサンジくんについて色々ありましたね。あの時、「~カムバックしない」の人はサンジくんを話のきっかけにしてONE PIECEにおけるジェンダー観に抱いた違和感を語ってた(とわたしは読んだ)けれど、その反論記事では「わたしは鈍感で傷つきにくい人間だから気にしていなかった」というようなことが書いてありました。

サンジくんの話は本筋からはちょっとずれてるのであんまり比較とかできないかもしれませんが、この2つは「鈍感」を無意識かもしれないけれど押し付けてるように感じてしまいました。この場合の鈍感は「あまり気にしない」程度の意味合いです。

つまり「その二人であることが大切だから左右固定に意味を感じない!」という鈍感さ、あるいは「わたしはONE PIECEジェンダー観に特に違和感を抱かない!」という鈍感さ。それは個人の自由だし、たしかに鈍感な方が許容範囲が広がるけれど、それを他者にまで求めるのは争いの種だなあと思ったのでした。