とりとめなく綴る

ジャンルを行き来するオタクの妄言。たまにまじめなこと

キョウリュウジャーを、みてほしいんだ!

プレゼン企画ですドンドンプァー

みなさんは獣電戦隊キョウリュウジャーをご存知ですか?知ってる人はこんどいっしょにカラオケいきましょう。知らない人はこの記事を最後まで読んでTSUTAYAいきましょう。

2013年の2月から一年間放映された、東映スーパー戦隊シリーズのひとつです。変身のときにステップを踏むのが話題になったことと思います。

一見すると恐竜モチーフだしやたら明るい音楽だしいかにもな子ども向けだなぁと思われるかもしれませんが、子ども向けでありながら大人であるわたしたちにも響く素晴らしい作品なのです!!ていうか特撮てだいたいそうですね!!!みて!!!!

ではここからキョウリュウジャーをおすすめするポイントを紹介していきます。長くなりそうだ。

1.脚本が一年間同じ作家さん!

脚本は三条陸さんです。めっちゃ有名な方ですね。ふつうはメインの脚本家のほかにも複数の脚本家がいて、ローテーションで脚本を書いてると思いますが、キョウリュウジャーは劇場版含めて全ての脚本が三条さんによって書かれています。
つまりストーリーの一貫性がある!(ストーリーに一点の矛盾もないということではないです)脚本家さんの中で一年間育ったキャラクターはとても魅力的です。

2.アクションがすごい

キョウリュウジャーは、「獣電竜」という恐竜の魂の宿るロボットにその強さを認められた者しかなることができません。(だから漢字では強竜者と書きます)つまり変身前もアクションができないといけない!!そのため俳優さんたちはみんなものすごいアクションやります。

レッドのキングとピンクのアミィちゃんは蹴り特化なので、足技がすごい!
あとグリーンのソウジくんは剣で相手をいなしたりクールでかっこいいです。同じ剣でもゴールドの空蝉丸は大ぶりな剣でパワフルです。
またブラックのイアンは拳銃メインの戦闘で、スマートながら的確に敵を倒します。最年長ブルーのノッさんはプロレス技をまじえながら力強く闘います。

これだけバリエーション豊かなアクションを俳優さんがスーツアクターさんに負けじと見せてくれるキョウリュウジャー、素晴らしい!そろそろ近くのTSUTAYAいきたくなりません?

3.とにかく明るくたのしい

もはや論理を放棄しました。明るくてたのしいという感情的な話です。
放映時に変身シーンを初めて見た時はおそらくみんなびっくりしたと思います。だって千葉繁の声と軽快な音楽をバックにステップを踏んで変身してるんだもの…。でも慣れってこわいもので、最後の方は
その変身シーンで涙ウルウルしてました。

敵キャラも人間くさいというか、感情豊かで(というか敵幹部はそれぞれ感情を司ってるので当たり前か)賑やかなかんじです。敵味方の境目が揺らぐようなエピソードもありますし…。



これらはほんとのほんとに魅力の一部でしかないですし、そういえばキャラ紹介してないや…。
もう、みて!!!!という一言に尽きます。ぜひTSUTAYAかGEO行って下さい。おもしろいよー!